手相占いで、結婚線と云うものがある。
ざっくりの結婚の時期を予測する為、小指の付け根と感情線と云う少し長めの線の間にある短い線の事である。
1本から数本ある事も在り、長さ、方向、に拠って、意味するものがちがってくるのだ。
ハッキリした時期を特定する事はでこないが、結婚線が感情線がわに寄ってるケースの場合は早婚、小指側に拠ってるケースの場合は晩婚と云うレベルと云えるようである。

別居に至る理由は多種多様な理由があるとおもわれるが、どうあっても最終的には別居する事となる。
理由は、仕事に拠ってのものなのか、夫婦仲の不仲によるものなのか、もしくは他の理由が実在するのかは、別の手相を観て決断しなければならないが、どうあれ最後は別居すると云う事に成る。
たとえ夫婦が一緒に居住していても、お互いの気持ちが離れてしまってるケースの場合も、この手相の意味を示する。

しかし手相は心の鏡とも云われており、状況や本人の努力しだいで、下向きの結婚線が、上向きに変化してくる事もたくさんあるようである。
もし、自身やパートナーに下向きの結婚線があれば、お互いを思いやる気持ち、尊重する気持ちを大事にして、本日の出来事や、楽しかった事、ささいな事でも良い為、まず2人で会話をする事が肝心だと云えるだろう。

結婚生活とは、自身だけでなく、パートナーがいる為、2人で努力する事が肝心だと云えると思いる。
身勝手ばっかりしないで、相手を思いやる気持ちを思い出してみてほしい。
楽しかった時の事を振り返れば、愛情ももどってくるかも知れない。



[PR]
  • バッグ メンズ 人気
  • スニーカー レディース 人気
  • マスク 50枚
  • 父の日 ギフト
  • リュック レディース ビジネス

  • スポンサーサイト



    カテゴリ
    タグ